閉じる
  1. GMO WP Cloud 事始め
  2. Mac + Parallels で日本語入力(IME)切り替えをスムー…
閉じる
閉じる
  1. Macの通知を制御する(Google Chromeだけオフにする対応も…
  2. 尿酸値を下げる(プリン体が原因ではなかった?)
  3. 100円でLightningケーブルを保護する vs 100均Ligh…
  4. iPhone機種変更で困ったこと(復元できない・ヘルスケア・Apple…
  5. 事業承継について(3)節税に向けて
  6. 事業承継について(2)我が社の株価はいくらか?
  7. 事業承継について(1)
  8. PHPExcelでセルの名前(ラベル)を使う
  9. MacとiPhoneでメモ帳を同期する
  10. Android端末の95%に深刻な脆弱性。メッセージ受信だけで乗っ取り…
閉じる

リンゴと守護神とペンギンと窓

Macでステップカウンタ(Ohcount)を使う

準備

MacPorts をインストール

  • http://www.macports.org/ から、Snow Leopard 用のパッケージをダウンロードしてインストールします。

Ragel をインストール

  • $ sudo port install ragel

PCRE をインストール

  • http://pcre.sourceforge.net/
  • $ ./configure –enable-utf8
  • $ make
  • $ sudo make install

Ohcountのインストール

Ohcount  の入手

  • http://sourceforge.net/projects/ohcount/develop ダウンロードしたファイルを展開し、ターミナルで展開したフォルダに移動する。

Ohcount のインストール

  • $ ./build
  • $ ./build ruby
  • $ sudo cp bin/ohcount /usr/local/bin

Ohcount の使い方

以下、ソースコードのディレクトリに移動して使用する。
単純にソースコードのステップ数をサマリ表示する $ ohcount -s
ターゲットと識別するファイルを出力する $ ohcount –detect
各ファイルごとのステップ数をカウントする $ ohcount -i
ファイルを指定してカウントする $ ohcount test.m
その他、オプションがいくつかあるので、ドキュメント(docs)を参照する。

関連記事

  1. キャッシュファイルが作成できません

  2. iPhoneをMacにつないだ時に自動的に開くアプリケーション設…

  3. MacでパスワードつきZIPファイルを作る

  4. MacでDNSキャッシュをクリアする

  5. iOSデバイスのUDID(識別子)を調べる

  6. Macの通知を制御する(Google Chromeだけオフにする…

おすすめ記事

  1. GMO WP Cloud 事始め
  2. Mac + Parallels で日本語入力(IME)切り替えをスムーズに

コメント

    • ちーま
    • 2011年 1月 11日

    macports GUIクライアントの「Porticus」はなかなか便利ですよ :-D

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. Macの通知を制御する(Google Chromeだけオフにする対応も)
  2. 尿酸値を下げる(プリン体が原因ではなかった?)
  3. 100円でLightningケーブルを保護する vs 100均Lightningケーブル
ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。